一般演題募集

演題募集は、1月31日(金)17時をもって締め切りました。
多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
採否結果は、2月下旬にメールにてご連絡いたします。

演題登録期間:2013年12月16日(月)〜2014年1月17日(金) 31日(金)17:00(締切厳守)

【一般演題投稿・発表資格】

  • 一般演題の投稿は、ICNJの会員であり、かつ本年度の会費を納入済みの方に限られます。
    未入会の方は予め、ICNJへの入会手続きを済ませて下さい。また、本年度の会費を未納入の方は、お早めにお支払い下さい。http://www.asas.or.jp/icnj/

<オンライン演題投稿方法>

1. 演題投稿方法

本ページ下段の「演題登録」にアクセスし、画面に表示される必要項目について入力して下さい。

2. 発表形式

一般演題を選択して下さい。指定演題は、一般からの公募は行なっておりません。

3. 一般演題テーマ

一般演題テーマよりご希望の分類を選択して下さい。なお、選考の結果、ご希望の分類に沿わない場合もございます。分類については、プログラム委員にご一任下さい。

No. テーマ
01 組織・ネットワーク
02 アウトブレイク
03 耐性菌対策
04 サーベイランス
05 教育・指導
06 感染防止技術
07 手指衛生
08 職業感染
09 洗浄・消毒・滅菌
10 ファシリティマネジメント
11 ITシステム
12 その他

4. 新企画「エビデンスとプラクティスの両立」

本学術集会では、テーマに添って、エビデンスとプラクティスをいかに両立させるか、参加者のみなさんと意見交換するInformation Exchange(交流集会)のセッションを新たに設けます。
感染管理では、ガイドラインやエビデンスがそのまま実践できるわけではなく、施設の状況に応じて実践に結び付ける必要があります。このセッションは、日ごろエビデンスを実践に結び付けるために考えていること、悩んでいること、工夫していることなど、参加者とともに話し合う、討論を中心としたセッションです。
今回は討論の内容として下記のテーマを考えています。そこで、下記のテーマで具体的な実践例を紹介していただける実践報告者を募集します。実践報告をされる方で、このセッションでの報告を希望される方は、採択希望の「希望する」を選択し、ご希望のテーマを選択してください。1テーマに付き、2~3人の実践報告者を予定しておりますので、応募状況により個別にご相談させていただくこともあります。
予めご了承ください。

No. テーマ
01 手指衛生 何を、どう評価する?
02 どこまでやるの?ベッド周囲の環境整備
03 悩みますよね?汚物処理室の管理
04 危険がいっぱい!透析室での体液曝露
05 困った!精神障害・精神疾患・重症心身障害施設でのアウトブレイク

5. 会員番号

投稿者(発表者)の会員番号を入力していただきます。
なお、入会手続き中および会員番号が不明の場合は、投稿画面に「99999」と入力して下さい。

6. 抄録の文字数

タイトルは全角50文字以内、抄録本文は全角1,000文字以内でご作成下さい(半角は2文字で全角1文字に相当)。予め文字数を制限以内に調整した原稿を用意し、それを投稿画面にコピー&ペーストするようにして下さい。
「はじめに」「目的」「方法」「結論」といったフォーマットは、抄録の内容によって変更していただいても構いません。

7. 演題登録番号・パスワード

演題登録時に発行される「演題登録番号」および各自で設定・入力した「パスワード」を必ず控えておいて下さい。
一度投稿された登録情報・抄録の内容に修正を加える際には、この演題登録番号およびパスワードが必要となります。

8. 演題投稿受領通知

演題投稿後、入力したEメールアドレス宛に登録番号を含む演題受領通知が送信されます。この通知は通常数分以内に到着しますが、もしこのメールがご自分の指定したEメールアドレスに届かない場合は、Eメールアドレスに誤りがあったか、演題登録が完了していない可能性があります。Eメールアドレスを確認後、アドレスの入力に間違いがあった場合は再度ログインし、Eメールアドレスの変更を行って下さい。登録が完了していない場合は、再度登録をお願いします。

9. 投稿内容の修正

演題投稿受付期間中は、演題登録番号およびパスワードを入力することにより演題投稿画面にログインし、修正を行うことができます。修正回数に制限はありません。内容を更新するたびに、更新内容がメールで通知されますのでご確認下さい。投稿受付締切後の演題修正は一切受け付けません。

10. 演題の取消

既に登録した演題を取消したい場合は、学術集会事務局までEメールにてお知らせください。投稿受付締切後の演題取消は原則として受け付けません。

11. 演題の採否の通知

3月上旬頃にメールにてご連絡します(フリーメールアドレスを登録した場合は、受領通知メールがうまく届かない場合があります。できるだけ固定メールアドレスを登録して下さい)。


抄録を登録される前に必ず「抄録作成時の注意点」をご確認ください。

演題登録

確認・修正