プログラム

会長講演

患者像をつかむ!
日 時:
7月15日(土)11:00-11:45
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
長家 智子(佐賀大学医学部)
演 者:
任 和子(京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻)

特別講演1

再考:患者像に名前をつけること
日 時:
7月15日(土)13:10-14:10 
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
任 和子(京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻)
演 者:
村井 俊哉(京都大学大学院医学研究科 精神医学)
 

特別講演2

患者中心のチーム医療の現在~米国急性期病院の実践から~
日 時:
7月15日(土)15:20-16:20
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
松田 美紀子(慶應義塾大学病院)
演 者:
竹熊カツマタ 麻子 (筑波大学医学医療系看護学研究科/前OSF聖アンソニーメディカルセンター 看護部専門看護実践担当ディレクター)
 

特別企画

日本の臨床でよく使われる看護診断
日 時:
7月16日(日)9:00-10:00
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
黒江 ゆり子(岐阜県立看護大学)
演 者:
江川 隆子(関西看護医療大学)
 

教育講演1

脳卒中ケアの地域連携~情報共有における課題と看護診断への期待
日 時:
7月15日(土)14:15-15:15
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
吉岡 さおり(京都府立医科大学 保健看護学研究科)
演 者:
鈴木 千佳代(聖隷浜松病院)
 

教育講演2

ビッグデータ科学時代の看護情報の蓄積
日 時:
7月16日(日)10:05-11:05
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
山中 寛惠(京都大学医学部附属病院 看護部)
演 者:
黒田 知宏(京都大学医学部附属病院 医療情報企画部)
 

教育講演3

クリニカルパスと看護診断 過去・現在・未来
日 時:
7月16日(日)11:10-12:10
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
伊藤 三紀子(京都府立医科大学附属病院 看護部)
演 者:
村木 泰子( 元一般社団法人日本地域統合人材育成機構)
 

教育講演4

患者像をつかむアセスメントと看護診断
日 時:
7月16日(日)13:30-14:30
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
片山 由加里(同志社女子大学 看護学部)
演 者:
伊東 美佐江(川崎医療福祉大学)
 

シンポジウム

患者像をつかむ、伝える、共有する~変わりゆく医療現場の中で~
日 時:
7月16日(日)14:40-16:30
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
西田 直子(京都学園大学 健康医療学部)
山田 佐登美(川崎医療福祉大学 保健看護学科)
演 者:
本田 育美(名古屋大学大学院)
北村 愛子(大阪府立大学大学院看護学研究科)
桑田 美代子(青梅慶友病院)

特別セッションI

看護診断とクリニカルパスの共存
日 時:
7月15日(土)14:15-15:45
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
山中 寛恵(京都大学医学部附属病院)
演 者:
安東 正恵(京都大学医学部附属病院)
藤澤 誠(京都大学医学部附属病院)
疋田 智子(京都大学医学部附属病院)

特別セッションII

米国におけるクリニカルナースリーダーの役割と日本における活動への期待
日 時:
7月16日(日)9:00-10:00
会 場:
第1会場(大会議場)
座 長:
任 和子(京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻)
演 者:
竹熊カツマタ 麻子(筑波大学医学医療系看護学研究科/前OSF聖アンソニーメディカルセンター 看護部専門看護実践担当ディレクター)
角田 みなみ(聖アンソニー看護大学)
コメンテーター:
村木泰子(元一般社団法人日本地域統合人材育成機構)

 

 

 

 

 

大会事務局

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻内
E-mail:jsnd2017-office@umin.ac.jp

 

運営事務局

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原2-14-14
新大阪グランドビル6F 株式会社エー・イー企画内
TEL:06-6350-7247 FAX:06-6350-7164
E-mail:jsnd2017@aeplan.co.jp