2014.03.06
公開プレゼンテーション「生命世界を問う」の動画配信を開始しました。
2013.12.11
2050年シンポジウムのテレビ放映日が決定しました。
2013.12.09
第36回年会はおかげさまで盛会のうちに終了いたしました。
多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。
来年の年会は、次の通り開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------
第37回日本分子生物学会年会
会 期:2014年11月25日(火)〜27日(木)
会 場:パシフィコ横浜
年会長:小安重夫(理化学研究所統合生命医科学研究センター)

------------------------------------------------------------------------------------
2013.12.04
年会特別生物アート企画の告知です。
「アーティストユニット"SKULL! SKULL!SKULL!"を中心に、多くのアーティストが結集しました。ArtとScienceが出会う場所として、
神戸ポートピアホテルB1布引の間に全く新しい空間が出現します。ご期待ください」
2013.12.04
公開プレゼンテーション 「研究者へのメッセージ (For Scientists)」を更新しました。
2013.11.29
理事会企画フォーラム「研究公正性の確保のために今何をすべきか?」を更新しました。
2013.11.25
リクルート企画特別サイトを公開しました。
2013.11.20
ガチ議論のパネリストインタビューを公開しました。
オンライン要旨閲覧システムを公開しました。
2013.11.20
2050年シンポジウムのパフォーマー決定!テレビ放映決定!
2013.11.18
国内在住の事前参加登録者へ参加章の発送を開始しました。
2013.11.13
「アクセス・会場案内」、「ポスター会場図」を掲載しました。
2013.11.11
サイエンスアート募集を締め切りました。
2013.11.08
ガチ議論のパネリストを掲載しました。
2013.11.08
シンポジウム、ワークショップ、ポスター、フォーラム、バイテクセミナーのプログラムPDFを掲載しました。
2013.10.31
事前参加登録を締め切りました。
2013.10.25
ポスター発表プログラムを掲載しました。
海外ポスドク招聘企画、特別シンポジウム「薬を創るということ」、市民公開講座、
学会とJAZZの融合のページを更新しました。
高校生発表申込期限を11月15日(金)まで延長しました。
2013.10.22
理事会企画フォーラム「研究公正性の確保のために今何をすべきか?」、
「キャリアパス委員会主催ランチョンセミナー2013」を更新しました。
2013.10.21
2050年シンポジウムのネタ、パフォーマーの募集を開始しました。
2013.10.03
サイエンスアート作品募集案内を掲載しました。
2013.09.18
託児室・親子休憩室のご利用案内を掲載しました。
2013.09.02
演題投稿を締切りました。
2013.08.30
回線混雑回避のために、演題投稿最終締切日時を若干延長しました。
2013.08.27
海外ポスドク招聘企画の応募を締切ました。
2013.08.26
演題投稿の受付を延長しました。
2013.08.23
日程表を更新しました。
2013.08.23
高校生発表参加申込みの受付を開始しました。
2013.08.01

事前参加登録・演題投稿・宿泊予約の受付を開始しました。
海外ポスドク招聘企画の応募を開始しました。
フォーラム企画の公募を締切ました。
2013.07.03
海外ポスドク招聘企画 一部追記しました。
2013.06.29
ワークショップ演者公募を締切ました。
2013.06.07
ご挨拶、年会概要、日程表、年会企画、参加登録、演題投稿、託児室・親子休憩室、宿泊予約を更新しました。
2013.05.28

「プログラム」を更新しました。
演者公募ワークショップ一覧を掲載しました。
フォーラム企画を公募します(締切:7月31日(水))
2013.04.24
「生命科学研究を考えるガチ議論」を更新しました。
「JAZZ企画 参加ミュージシャン募集」を掲載しました。
2013.03.26
ワークショップ企画公募を締切ました。
2013.03.05
海外ポスドク招聘企画 募集条件を掲載しました。
2013.02.04
プログラム、年会企画、日程表を掲載しました。
ワークショップ企画を公募します(締切:3月25日(月))
2013.01.22
ご挨拶、年会概要を掲載しました。
2012.12.10
ホームページを開設しました。