PSSJ
JapaneseEnglish
プログラム
シンポジウム ポスター(初日)
ワークショップ ポスター(2日目)
ランチョンセミナー ポスター(3日目)
ポスター賞フラッシュトーク プログラム要旨集 訂正一覧

第2回蛋白質工学研究会ワークショップ

大会前日 6/23(火)15:00 - 18:00    D会場(あわぎんホール4F  会議室3+4)

詳細はこちらからご覧ください。
参加方法: 当日参加(参加費無料)のみ受け付けております。
会場前に受付がありますので、参加される方はお立ち寄りください。
※年会に参加しない方にもご参加頂くことが可能ですが、 年会と合わせてのご参加を推奨致します。

「研究者キャリプランセミナー」の案内とパネルディスカッションのパネラー募集について

日本の若手研究者が、世界のリーダーとして成長することは、日本の科学技術発展には不可欠です。しかし、グローバルに活躍するリーダーを養成することはたやすいことではなく、課題も多いのが現状です。同様の事は、本学会に所属する若手蛋白質科学研究者にも言えます。この問題を解決し研究者が社会の中で幅広く活躍する為には、社会が求める研究者の人物像、リーダー育成の課題・問題点について、日本の社会と大学教官、そして何よりもこれから研究者となる学生の皆様が共通の認識を持つ事が必要です。そこで、蛋白質科学会では「キャリアプランセミナー」と題しまして、将来のリーダーとなる研究者を必要としている企業、これから研究者になろうとする若手学生会員、そして学生会員を育成する立場の教育者の皆様が、自由に意見交換できる場を年会期間中に設けることにしました。この機会に数多くのリーダーが日本から世界へ羽ばたける仕組みを一緒に考えましょう。

本セミナーは基調講演とパネルディスカッションから構成されます。後半のパネルディスカッションでは、企業の研究者、教育に携わる大学教官、学生、博士研究員など、さまざまな立場の方々からのご意見をお聞きしたいと考えております。そこで、パネルディスカッションへのパネラーとして参画していただける方を募集しております。ぜひとも本セミナーにご参加いただき、ご自身の考える将来の研究者像について、パネラーとして発信していただきますようお願い致します。

セミナー日時・場所

日時:平成27年6月26日(金) 9:30 - 11:30
場所:あわぎんホール B会場(あわぎんホール4F 大会議室)

セミナー構成

基調講演
 
講演1 蛋白質化学、工学の若手研究者が活躍できる医薬品市場環境
  籾井 明(大塚製薬工場)
蛋白質科学分野で活躍されている企業研究者の立場から、博士号取得後のキャリアパスについてお話していただきたいと考えております。
講演2 グローバル化時代のキャリア戦略を考える
 
石川 真由美( 大阪大学 未来戦略機構 戦略企画室/国際交流オフィス/人間科学研究科/
リーディング大学院生体統御ネットワー ク医学教育プログラム (兼任))
大学で人材育成に関わる立場から、キャリアパスの考え方や現状について話していただく予定です。
パネルディスカッション
  ファシリテーター:
梶原大介(GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス統括本部 課長)
齊藤貴士(北海道大学 大学院薬学研究院 創薬科学研究教育センター 特任准教授)
ファシリテーターの先導のもと、企業や大学の研究者の方々や学生パネラーを交えてキャリアについての様々な意見を交換・議論したいと思います。学生会員に企業のナマの声をお聞かせいただける場としてぜひご活用ください。

パネルディスカッションのパネラーの募集

募集期間 2015年5月15日まで(定数に達した場合、期間を待たず終了する可能性があります)
募 集 数 パネラー 5 - 6名
参 加 費 無 料 (年会からの旅費、謝金等の支給はございません)
申込方法 ご参加申込みの旨と、ご参加者様の情報(貴社名、氏名、所属、住所、電話番号、
ファックス、Emailアドレス)を下記のE-mail 宛てにお送りください。
申込み・
問合せ
第15回日本蛋白質科学会年会事務局
株式会社 エー・イー企画 大阪オフィス内
〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-14-14新大阪グランドビル6階
TEL. 06-6350-7163 / FAX. 06-6350-7164
E-mail(第15回年会専用): pssj2015@aeplan.co.jp
※ 詳細は随時ホームページにてご案内いたします。

 
 
Copyright © The 15th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan All Rights Reserved.