BCVR
第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム
The 2nd JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research

会長挨拶

ご挨拶

第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム
会長 斎藤 能彦
奈良県立医科大学 循環器内科

 日本循環器学会は日本脳卒中学会と連携し、増加し続ける脳卒中と循環器病医療に対する質の向上を図るため「脳卒中と循環器病克服5カ年計画」を作成しました。この中で、脳卒中と循環器病による年齢調整死亡率を5年間で5%減少させること、健康寿命を延伸させることを、大目標と設定し、これらの目標を達成するために、3つの疾患(脳卒中・心不全・血管病)に対し、5つの戦略(人材育成、医療体制の充実、登録事業の促進、予防・国民への啓発、臨床・基礎研究の強化)をかかげ、計画を実行していきたいと考えております。戦略の一つに「臨床・基礎研究の強化」を掲げた背景には、近年の学術論文掲載数に見る我が国の基礎研究国際的地位の低下、それに伴う国際競争力の低下を危惧したためであります。ご承知の通り、基礎研究は医療・福祉に貢献するのみならず、産業の基盤ともなり、国際競争力を保つことがひいては豊かな医療を供給するための源ともなります。

  日本循環器学会では日本の循環器基礎研究の活性化を目的とし、基礎研究部会を組織し、小室一成会長の元2018年1月に第1回日本循環器学会基礎研究フォーラムを開催いたしました。これに引き続き第2回日本循環器学会基礎研究フォーラムを2018年9月22日(土)~23日(日)の2日間、奈良で開催する予定となりました。約10名の著名な海外講師を含む招聘講演をはじめ、研究助成講演や受賞講演、ポスター発表を行います。また初日の夜には、参加者全員での懇親会も企画しています。今回は同じ年となりますが、今後は春の学術集会、秋の基礎研究フォーラムとの位置づけで、年1回開催する予定です。

 皆様の演題の応募、ご参加を心よりお待ちしております。


脳卒中と循環器病克服5カ年計画

http://www.j-circ.or.jp/five_year/index.htm

STOP CVD