「FIRM’s起業塾」の開催につきまして


 一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)は、再生医療領域の産業化を推進し、再生医療等製品をできるだけ早く患者さんに届けることで、社会に貢献していくことを目標としている企業団体です。現在、FIRMでは、再生医療産業の活性化に向けた様々な取り組みを、部会や委員会活動を通じて実施しています。
 再生医療を含むライフサイエンス分野では、新しい技術や画期的な製品の研究開発に挑戦するバイオベンチャーの存在が、産業化を推進する上で必須と考えられており、先進国においてはベンチャーの起業と成長を推進するための様々な政策が講じられています。日本においても、大学の法人化に始まり、大学の研究成果の実用化のために、2000年代初頭から様々な施策が試みられてきましたが、いまだバイオベンチャーの数は十分では無いのが現状です。この背景には、ヒト(人材)、モノ(製品、技術)、カネ(投資)にまつわる様々な要因があり、多岐にわたる施策が必要と考えられます。
 国内の再生医療の事業化に関しては、2014年に革新的な薬機法、再生医療安全確保法が施行され、法制度としては、国際的に見ても臨床開発が進めやすい環境が整備されました。この結果、再生医療を成長が見込める分野として捉え、新規参入、投資を考える企業は数多く、FIRMとしては、この環境を生かし、再生医療分野におけるベンチャーの起業と成長を促進することにより、さらに産業化が促進出来るのではないかと考えています。
 そこで、ベンチャー企業の立上げを考える研究者様に、起業に資するノウハウの提供を通した研究者支援として、本イベントを企画いたしました。起業塾は、全6回のテーマで構成されており、通期で参加するも、関心のあるテーマのみ選択して参加するも可能です。当塾では、その分野の専門家に講師をお願いし、皆さまの起業に向けた様々な疑問をテーマ別に徹底的に解決していただくことを目的としております。全6回のうち、2018年度中に3テーマ、2019年度に残す3テーマを予定しております。
 今後、このようなイベントを繰り返し開催することにより、再生医療分野への参入を志すベンチャー企業が増えていくことを期待しています。この趣旨を御理解いただき、ご協力を賜れますようお願いいたします。



2018年10月吉日
再生医療イノベーションフォーラム 運営委員長
菅野 秀則

ベンチャー創設支援活動

 2. FIRM’s起業塾